は~とふるママンのネタバレ感想 父親の再婚相手と純愛or寝取られADV

今回紹介するのはアリスソフトから発売されている『は~とふるママン』です。
アリスソフトで有名なエロゲ「妻みぐい」「妻しぼり」「母娘乱館」に続いて、本作は魅力的なママが登場する人妻もの作品です。

は~とふるママンは若干の恋愛要素と寝取り寝取られ要素のある作品となってます。
また本作はママや人妻とのイケナイ関係が特徴的で、背徳的なシチュエーションや興奮する寝取られシーンが多いです。

 

あらすじ

有馬汐梨は主人公の父親の再婚相手ですが、主人公は汐梨に異性として心惹かれて行きます。
そんな中、美人過ぎるが故に汐梨は他の男達に狙われる様になり、主人公は汐梨を異性としてもママとしても他の男達の魔の手から守り通す事が出来るのかという様な話になっています。

しかし主人公の父親である城崎元は不能であり、主人公である真央は女性を異性として意識した時に鼻血を出す体質でした。
そして汐梨は息子になる予定の真央に過剰な愛情を注いでいる内、男性として意識する様になって行きます。

真央はあくまでも汐梨にとって息子というポジションとなります。
汐梨は元を愛していますが同時に真央も同じぐらいに愛し、真央の女性恐怖症の克服の為に性的なスキンシップを行い鼻血を出す回数も減りますが、互いに異性として意識しているので一線を越えるのは時間の問題です。

本作はメインヒロインの汐梨を父親から寝取る、サブヒロインの黒川麻衣を夫から寝取る人妻寝取りゲームとして楽しめます。
そして同時に寝取られ作品でもあります。

間男として登場するは真央の親類で、祖父の十三、元の弟である嗣夫や実です。
その他多くの間男であるモブキャラ達が一部のシーンで登場します。

エンディングは10個です。
ヒロインが寝取られたら全てゲームオーバーとなり、汐梨ノーマルエンド、汐梨トゥルーエンド、

麻衣エンドがハッピーエンドとなります。

メインヒロインの汐梨は三人まで孕む事が出来ますが、エンディングには直接関係なさそうです。
選択肢はある程度適当に選んでも構いません。

シチュエーションは、息子の性処理&性教育をママが行ったり押しに弱く断り切れずに行為に及ぶシーン、お酒に酔い潰れて寝ている隙にイタズラシーン等があります。
全体を通して人妻の身も心も自分のモノにするという点において実用性は高いです。

 

まとめ

本作品のヒロインの有馬汐梨は正確には入籍をしていませんので、まだ人妻ではないのですがゲームのシナリオ上は奥さん扱いされてます。
後、サブヒロインの黒川麻衣は一つのルートしかありません。

寝取られ回避エンドは、寝取り+恋愛要素の内容が含まれてます。
本作品は寝取りと寝取られの両方で楽しめる作品ですので、ハマる方はハマります。

個人的にかなりお勧めの作品です。

商品購入リンクはこちら

以上、『は~とふるママン』の紹介でした。