【妻みぐい3】ネタバレ感想 人妻&未亡人の寝取り・寝取られADV

今回紹介するのはアリスソフトから発売されている「妻みぐい3」です。

妻みぐい3は2016年1月にアリスソフトから発売されたPCゲームです。
ジャンルは公式では田舎町散策エロADVとなっていますが、実際のところ人妻寝取り、寝取られゲーとなっています。

妻みぐいの3作目ですがストーリーは前作、前々作とは完全に独立してるので以前の作品をプレイして無くても問題ありません。

 

あらすじ

メインヒロインとなるのは主人公が片思いしている兄嫁の海夕里と主人公の母親のような存在だった未亡人の砂夜子の2人です。

 

ゲームとして特徴的なのは開始時に純愛モードと本気モードの2つを選ぶことが出来る点で、純愛モードを選んだ場合は後述する寝取られ要素は一切発生しないので、気楽に人妻とイチャイチャを楽しむことが出来ます。
一種のイージーモードと言えますね。

一方、本気モード選んだ場合は主人公以外の男性キャラ達が2人のヒロインにアプローチをかけてきます。

また、サブヒロインとして近場にある神社の神主である「神野 菫」とその娘の「神野 藍」がいますが、こちらは主人公との恋愛のみなので「本気モード」を選んでも寝取られる事はありません。

そして本気モードでは主人公の行動によってはヒロインは他の男にヤられてしまいますし、更にはヒロインが他の男と結ばれてしまうエンディングも用意されています。

ヒロインを狙う他の男たちがDQNそうな見た目に反して割と純粋だったりするので、ヒロインの行動だけを見ると割と簡単に他の男とくっついてしまいますが、単に股が緩い女というわけではなく情が深い女である事が説得力を持って描かれています。

ゲームの流れとしては朝、昼、夜といった時間帯毎にプレイヤーが行き先を決定してイベントを進行していくタイプです。

本気モードだと他の男がアプローチををかけてくるので上手く撃退しなければ寝取られてしまう可能性があります。

上述したようにエンディングは各ヒロインの個別エンドと寝取られエンドがあり、ヒロインによっては3Pなんかも用意されています。

 

寝取られシチュエーション

気になる寝取られシチュだと
・立派なイチモツを持つセフレ多数のチャラ男「吉沢 武雄」

海夕里に一目惚れした事で海夕里を狙うようになります。

・海夕里と海夕里の夫の友人「野崎 博也」


大学時代に海夕里に告白した事もあり、今でも海夕里の事を狙っています。

・砂夜子にぞっこんの酒屋の店主「酒井 豊」

砂夜子の亡夫である銀次の舎弟で砂夜子にも頭が上がりませんが、実は砂夜子に下心を抱いています。

・既婚者で息子のいる「竜生 春義」


豊と同じく銀次の舎弟で、女ったらしの男です。
銀次が亡くなった事で砂夜子を狙っています。

・春義の息子「竜生 潤」


母親の愛情に飢えているため砂夜子に甘える事が多い男の子です。

 

まとめ

エロゲメーカーとしては老舗のアリスソフトだけあってCGやシナリオの質やシステム面などの完成度は高いですね。

CGも綺麗で寝取られと純愛どちらも実用性は高いと思います。
ただ、個人的にはイベント時に毎回メッセージウィンドウに主人公の顔が表示されるのは要らなかったですね。

商業作品だけあって値段もフルプライスですが、人妻寝取り、人妻寝取られ好きの方であるなら十分値段に見合う内容だと思います。

ちなみに、こちらの商品はDMM GAMES遊び放題に登録されているため、2980円で他ゲームを含めて本作もプレイする事が可能です。
7日間の無料体験も可能なので本作が気になっている方は是非プレイしてみてください。

商品購入リンクはこちら

以上「妻みぐい3」の紹介でした。