【僕と彼女の淫らな宴】ネタバレ感想 三組の男女が参加するスワッピングものADV

2020年2月1日

価格 4,301円
購入リンク 僕と彼女の淫らな宴僕と彼女の淫らな宴

 

今回紹介するのはCLOCKUPから発売されている『僕と彼女の淫らな宴』です。
本作品は特殊な性癖持ちの男女が集まり快楽を貪り男女関係なく寝取り寝取られるスワッピングもの作品となります。

合意の上で彼氏彼女以外とのスワッピングですが、いつ何処で誰と自分の恋人がどんなセックスを行ったのかというドキドキ感の寝取られシチュエーションでハメ撮りシーンが多いです。

 

あらすじ

本作品のあらすじは、三組の男女が自分の性癖を曝け出して本能の赴くままに快楽を貪りスワッピングを愉しむという話になっています。

始まりは主人公の恋人である山戸紗季が幼馴染の岸本麻里奈に協力してもらい、主人公に内緒でスワッピングサプライズを企画し実行した事でした。


本作の主人公である葛城達也には寝取られ性癖があり、それに気付いた紗季が麻里奈と共謀し麻里奈の恋人である本宮正男を巻き込んで性欲のままに互いを犯し犯され淫らな宴を開催します。

しかし、その淫らな行いは彼らにとってまだ序章に過ぎません。

そして本宮の先輩の木場菖蒲や麻里奈の知り合いで見た目がチャラ男の紫藤幸太郎が参加し、ルールをきちんと決めた正式なスワッピング生活が始まりました。

メインヒロインは紗季ですが、麻里奈や菖蒲が達也との濡れ場シーンがあったり紗季が正男や幸太郎とのセックスで乱れ快楽に溺れる様子が描かれています。

主人公と紗季以外の2人が絡む場面も少しありますが、基本的には主人公とヒロインの誰かorヒロインと男キャラの誰かのHシーンが多いです。


一部、乱交シーンもあります。

選択肢は少なく、エンディングは全部で4つ。
紗季のみ2つ、後の二人は1つずつのエンディングでバッドエンドはありません。

紗季のエンディングを見た後で本編で選択肢が一つ増え、適切な選択肢を選んだら紗季妊娠ENDを見る事が出来ます。

シチュエーションは、ハメ撮りセックスや3P・4P、乱交や野外セックスなどでアブノーマルなHシーンはありません。


全体的にエロくてアヘ顔も多め、メインヒロインとなる紗季も宴のルールは守っていますが、快楽に流されてイキまくりなので実用性は結構あります。

 

まとめ

寝取られシチュがメインなのでハマる方はハマる作品だと思います。
ただ、最後は本当に寝取られたりはしないので、寝取らせが好きな方は安心、逆に本格的な寝取られ作品が好みの人には物足りなく感じるかもしれません。

登場人物も個性的で、主人公よりもヒロインの方が性行為に積極的、宴の参加者も性に積極的なキャラばかりです。
値段もミドルプライスと安めなので、明るいスワッピングモノが好きな方にはお勧めできます。

商品購入リンクはこちら

以上、『僕と彼女の淫らな宴』の紹介でした。