【母さんのオトコ2〜最愛の母に群がる雄〜】ネタバレ感想 親友に母親を寝取られ

価格 3300円
購入リンク

今回紹介するのは、エロイットから発売されている「母さんのオトコ2 〜最愛の母に群がる雄〜」です。

「母さんのオトコ 〜野獣のような男に牝の悦びをおぼえさせられる最愛の母〜」に続く、2作目となりますが前作との関連性は無いので単体で楽しめます。

 

あらすじ

本作は「母×寝取られ×孕ませ」をコンセプトにした母親寝取られアドベンチャーゲームです。
前作では最愛の母親が粗暴な男に脅されて寝取られるという話でしたが、本作では主人公の親友に母親が寝取られます。

本作の主人公「桜木 陽一」は父親を十年前に亡くしており、今は母親の「詩乃」と2人で暮らしています。
綺麗で優しい母に対して異性としても意識しており、オナニーのオカズにしてしまうこともあります。

そして間男として登場するのは主人公とは小学生からの親友である「長束 亮」です。
亮は幼い頃から詩乃に対して好意を抱いており、想いを告げてモノにしようとチャンスを窺っていました。


本作は亮が主人公を騙して外出している隙に詩乃と強引に肉体関係を持った事から始まり、若い男に求められるうちにヒロインの身体だけでなく心まで奪われていくという内容になっています。


今でも夫を愛しているヒロインですが、長くSEXしていなかったために若い男とのSEXに快楽を感じてしまいます。


間男となる亮も真っ直ぐに好意を伝えてくるので、次第にヒロインも間男に惹かれていきます。

寝取られを回避する事はできず、選択肢によってエンディングが分岐します。
1つ目のルートは亮と付き合い始めて孕ませられ、主人公の目の前でボテ腹SEXまでするという前作に似たエンディング。

ヒロインも早い段階で亮に好意を寄せるようになり、次第に家を空ける事が多くなります。
更には母親が孕まされてボテ腹SEXを見せつけられながら間男にそろそろ家を出ていけと言われるなど主人公に救いはありません。

2つ目は亮ルートの途中で亮の弟に「おっぱいを吸わせてあげる」を選択してしまうと長束一家全員に寝取られるルートへ入ります。


亮の両親は離婚しており、亮の弟「廉」は母親の愛情を強く求めていることから詩乃に好意を抱いていました。


そして亮の父親「剛」は詩乃のパート先の社長で、こちらも美しい詩乃を自分のモノにしようと企んでいます。

長束家ルートでは亮とのSEXを剛に隠し撮りされてしまい、詩乃は脅されて剛と愛人関係になります。
そして廉も含めて長束家全員と肉体関係を持つようになり、詩乃は家を出て主人公は亮から送られてくる動画を見て母親の近況を知らされるようになります。

 

まとめ

シーン数は18と値段相応といった感じです。
ルートによっては亮以外の男が登場しますが、基本的には主人公の親友である亮が母親を寝取るという内容がメインになっています。

間男が主人公の親友という事で寝取られ的に弱そうですが、主人公視点とヒロイン視点が切り替わりながら進行し、好意を抱いている母親に好きな人ができたと告げられるなど無力感を味わう事ができます。
個人的には前作と同じくハッピーエンドが無いのが残念ですが。

母親寝取られが好きな方はもちろん、夫を亡くして長くSEXをしていなかったヒロインが若い男とのSEXにハマっていくというシチュエーションが好みであればお勧めできる作品です。

以上「母さんのオトコ2 〜最愛の母に群がる雄〜」の紹介でした。