【夏色のコワレモノ】ネタバレ感想 青春と寝取られの両方が味わえる幼馴染寝取られRPG

2020年6月8日

価格 1,870 円
購入リンク DLsiteリンク

今回紹介するのは、同人サークルしなちくかすてぃーらから発売されている「夏色のコワレモノ」

前回体験版の感想記事を投稿したのですが、DLsiteにて6月6日より販売が開始されました。

 

あらすじ

本作は幼馴染寝取られRPGです。

詳しくは体験版の記事で触れたので省きますが、夏休みの間だけ幼い頃に一緒に育った幼馴染ヒロインの家で過ごす事になり、プレイヤーとなる主人公はヒロイン「榎本涼香」を連れ回して遊んだり、イチャラブイベントを発生させたり、ちょっとしたダンジョンで幼い頃の思い出を回収したりと青春気分を味わう事ができます。

実は私は発売日に購入したのですが最初にハッピーエンドを見て満足してしまい、寝取られルートに入るのが遅れてしまいました。

本作は幼馴染と夏休みを過ごすだけでなく、間男となる6名のキャラクターの寝取られイベント発生条件を満たしてしまうとヒロインが間男からアプローチを受けるようになります。
そして主人公がそれを防げなければ知らぬ間にヒロインが間男と関係を進めてしまっているという展開もあり得ます。


また、寝取られイベントは涼香の部屋にある手帳から回想として見る事ができますが、主人公が寝取られイベント真っ最中にヒロインと間男のいる場所へ行くと周囲のモブキャラの会話やドア越しに聞こえる会話などで違和感を感じる事もできる仕様です。

寝取られイベントが進むと例えばDQNの安井ルートであれば、ラブホでの寝取られイベント時にラブホでアルバイトする事ができ、主人公が涼香と安井のSEXのためにコンドームを届けに行かされたり、事後の部屋の片付けをさせられたりします。


受付ではプレイヤーは涼香と認識していても主人公側からは顔が見えない状態で、涼香が安井にキスをされて胸を揉まれたりしている場面を見せつけられるなど寝取られとしての完成度は高めです。

 

ハッピーエンド


私が満足してしまったハッピーエンドルートですが、こちらも良く出来ていました。
本作では毎日ヒロインと会話する事で一緒に行動する事ができ、海や温泉など特定の場所へ行く事でイベントが発生、他にも特定の日付で発生するイベントなどもあります。


思い出シーンでは幼いヒロインも見れて超可愛いですし。

そして主人公のみが入れる涼香との思い出の場所を探索して思い出を全て集めると(涼香が処女の場合)最終日の臨海学校でお互いに想いを告げてのハッピーエンドに入れます。
ただ、その後は描かれないので、クリア後の特典などで付き合いだしてからのマップ探索とかも欲しかったですね。

 

寝取られルート


寝取られルートはプレイヤーが条件を満たしてしまう事で発生します。
発生条件は家の前の攻略情報から確認できるので難しくはありません。

間男発生条件を満たすと間男がヒロインにアプローチをかけて寝取られイベントが発生してしまいますが、プレイヤーには警戒度というものがあって警戒度が勝っていればヒロインは通常通りに行動するようです。

寝取られイベントを効率良く発生させるためには神社で生活ポイントを消費しておまじないをして間男の狙い度を上げましょう。

私は安井ルートから入ったのですが、涼香が日頃から毛嫌いしていてボコボコにした事もある安井が主人公を罠にハメて涼香を狙います。


簡単に言うと主人公が気弱男子の誘いで合コンに行ってしまうと女生徒をレイプしたと疑いをかけられ、それを庇うために涼香が安井に抱かれるようになるという展開。


最初はカラオケボックスで手マンによる調教が続き、学校で補習中に手マンや抜けだしてフェラ、更に関係が進むとラブホで処女を奪われます。


SEXしてしまうと本来なら誕生日に主人公と過ごす予定の涼香が誕生日に安井と過ごし、主人公は大雨で停電の中一人きりで過ごす事になります。

そこからはラブホや学校など至る所でヤリまくりになり、次第に強気だった涼香も安井の前では大人しく従順になっていきます。
安井ルートの場合は安井が女を喰いまくって商品にするような男なので、中年男やカラオケの受付に抱かれるという展開もあり。


そして臨海学校当日、本来なら海で想いを告げるはずが海に涼香の姿は無く、部屋に戻るとベッドの上で涼香が安井とヤリまくっているのを目撃してエンディングです。


更にエンディング後、卒業式の日に挨拶に帰ってきた主人公が涼香と会うと涼香は髪を染めていて「今の彼氏にこれがいいと言われたから」と主人公に対しても隠すような事は無くなっています。

しかも涼香はそれだけの挨拶を交わして黒人彼氏の所へ向かい、主人公の事を後悔しながらも全てを忘れようとキメセクをするという中々エグいオチでした。

一応システム面に関して補足しておくと、発生させられなかった寝取られイベントも間男のエンディングに入れば回想部屋に追加されます。

また、主人公はSNSやヒロインと間男が過ごしている場所へ行くと主人公視点での寝取られイベントが見られます。
SNSの通知が来る場合はその場所へ向かえば良いですが、後半は通知もなくヒロインと間男が会うようになるので見逃し注意です。

 

まとめ

Hシーンは70以上で基本CGは51枚、間男は6名とボリュームは値段以上にあります。
ルートを絞れば1周辺り1~2時間程度

シナリオも良く出来ていて性知識が少ない強気ヒロインが即堕ちするわけではなく、徐々に堕ちていく様子が上手く描かれています。
ヒロインにボイスはありませんが、BGVでのボイスや効果音はあるので実用性もかなり高いと思います。

RPGならではの寝取られイベントも多く用意されているので、幼馴染寝取られが好みの方には強くお勧めできます。

攻略まとめ
間男のフラグ条件と寝取られイベント発生場所まとめ
咲姉のHイベント発生条件とそばがら枕や肉嫁堕としの入手場所
ハッピーエンドとノーマルエンド条件

商品購入リンクはこちら

以上「夏色のコワレモノ」の紹介でした。