巨乳エルフ母娘催眠のネタバレ感想 催眠でエルフの王国をハーレム化するADV

今回紹介するのはルネから発売されている『巨乳エルフ母娘催眠 「はい……人間様のオチ○ポを母娘でしゃぶらせていただきます……」』です。

本作はルネが制作するゲームの中でも有名な「巨乳催眠シリーズ」で、エルフが治める国を舞台にしたファンタジーもの作品となります。

 

あらすじ

アグラリエル王国は女王のエフィルディスを含め、代々女性のハイエルフが治める女系国家で魔力が高いほどに地位が高く、他のエルフを管理し導く役割があります。
彼女達を守護するのは、身体能力に優れているダークエルフです。

そこで生まれた主人公・イングウィル(名前変更可)は、他のエルフと違った特徴を持つが故に捨てられ、運良く拾われた集落でもその身を追われ、森に隠れ住み独りで生きてきました。

そんなある日、ハイエルフの姫・アルミアと出会い、誤解でダークエルフのナルルースに殺されかけ、ディネリンドという魔女を名乗るエルフに助けられます。


ディネリンドはイングウィルを「ニンゲン」と呼び、精力増強と催眠の力を与え、エルフを犯し孕ませる事が定めと唆します。

何やら悪巧みをしている様ですが、イングウィルはディネリンドに協力する事にしました。
何よりディネリンドによって「交尾」の快楽を知り、エルフを犯し種付けする事に魅力を感じます。

王国に乗り込み、催眠の力でナルルースを始め、エフィルディスやアルミアを手籠めにして国を乗っ取りました。
そして森に隠れ住む事を止めたイングウィルは、人間としての生活を始め、エルフの王国をハーレム化して毎日種付け三昧でエルフを孕ませます。

タイトル通りで、本作はエルフの母娘が人間であるイングウィルに奉仕するシーンが多いです。

エフィルディスとアルミアは強く催眠の影響を受けて、イングウィルに恭順です。


しかし、意識は正気のままでナルルースは身体を弄ばれ、ディネリンドに限っては裏切りを匂わせながら、最後でイングウィルに屈服させられます。

選択肢は少なく、エンディングは6つです。

いずれのエンディングを迎えてもヒロインには子が生まれ、その母娘でイングウィルに性奉仕します。
ハーレムエンドに至っては、イングウィルにとっては娘ですが、ヒロインにとっては娘、孫、曾孫、玄孫まで生まれたという話で、父親とセックスするのだから、近親相姦の内容が含まれてます。

シチュエーションは、スカトロ、乱交、母娘の3P、露出プレイ等で、鬼畜なシーンは幾つかありますが、それほどハードと呼ぶ様なシーンはありません。
男は主人公ただ一人、登場人物はヒロイン以外も全て女ばかりで、それだけでもハーレム感が味わえます。

 

まとめ

巨乳催眠シリーズは、露出や乱交、ハーレムシーンが多いですが、本作ではそれに加えて母娘が一緒にセックスをすると言うのが、売りの一つだと思います。
後、スカトロ系の放尿シーンも結構多かったです。

エルフという種族が好きだったり、母娘との3Pシチュエーションが好きという方にお勧めの内容です。
システム的に改善した方が良いと思う部分はありましたが、本作はエロエロシーン満載でヌける作品だと思います。

以上、『巨乳エルフ母娘催眠 「はい……人間様のオチ○ポを母娘でしゃぶらせていただきます……」』の紹介でした。