【セックスしないと死ぬ病~発病したらセックスは義務~(水無月三日)】ネタバレ感想

価格 880円
購入リンク FANZAリンク
DLsiteリンク

今回紹介するのは、同人サークル水無月三日から販売されている「セックスしないと死ぬ病~発病したらセックスは義務~」です。

 

あらすじ

本作はSEXしないと死ぬ病が発症した世界が舞台のオムニバス形式の作品になっています。
少子化が原因ともされていてモテない男が発病するその病は、発病したら近くにいる女性はSEXを受け入れなければなりません。

完治させるには妊娠をさせる事になりますが、大抵の女性は妊娠するわけにはいかないので発病した男性とのSEXを受け入れていくというシチュエーションがメインです。

本作に収録されているのは合計で3話。

1話目は結婚式の日に神父が発病して夫がドア越しで聞いている傍で中出しSEXされる花嫁の話。


夫が見ている前で胸を責められ、夫への申し訳なさから部屋へ移動して正常位で犯されます。
神父は本当はこんな事はしたくないと言いながらも遠慮なくSEXします。

2話目は息子が発病したせいで学校を休ませて息子とSEXする母親の話。


夫とのSEXを息子に目撃された事が原因で息子が発病し、毎日のように息子とSEXしていくことで母親の方も心を病んでしまうというシリアスな内容です。


3話目では電車に乗っている男が目の前のギャルとヤリたいと思っていると発病した男がそのギャルとヤリ始めるという話。


自分も病気だと偽って参加しようかと妄想しながらも行動に移せず、


ギャルだけでなくイイ女が電車内で発病した男達とヤッているのをただ見るしかできないという内容です。

3話目のギャルも既婚者なので全話で寝取られ要素が少なからず含まれています。

 

まとめ

本編は52pと結構あり、3つのシチュエーションが収録されているので気に入る話はあるでしょう。

この作者はヒロインに一般的な常識があって妙なリアリティがある分だけ淫靡な雰囲気が満載でハマる方はハマると思います。
シリーズものとして続けるかは分かりませんが、過去作の長編とは異なって各話が完結しているので読みやすくお勧めできます。

商品購入リンクはこちら
ボックスのコンテンツ

以上「セックスしないと死ぬ病~発病したらセックスは義務~」の紹介でした。