【あの団地の妻たちは…The Animation】上巻の感想 爆乳団地妻を寝取る傑作アニメ

今回紹介するのは、ショーテンによるアニメ作品「あの団地の妻たちは… The Animation 上巻」です。

本作はVadassによる同人CG集「あの団地の妻たちは…」のアニメ化作品で、非常に高い完成度で話題になっていますね。

 

あらすじ

原作では主人公が風俗団地と呼ばれている団地で人妻3人との浮気SEXを楽しむという話でした。
あの団地の妻たちは… 風俗団地の妻3人とヤリまくるCG

登場するヒロインは、セックスレスの若妻「美鶴(24)」、ヤンママの「彩(20)」、地味だけどムチムチボディの「優子(31)」の3人。

アニメ上巻では前半が美鶴パート、後半が彩パートで構成されています。

美鶴パートでは緊縛目隠しプレイから始まり、チンポを擦り付けて発情させてから挿入→中出し。


続いて目隠しを外してからバキュームフェラ→縄をほどいてバック突き→正常位で中出しフィニッシュ。

彩パートでは爆乳にむしゃぶりつきながら幼児プレイ→ゴムを口で装着してから対面座位→騎乗位→だいしゅきホールドで中出し。


続いてバキュームフェラ→母乳プレイでバック突き→正常位で中出しフィニッシュ。

 

まとめ

エロアニメにしては本編が約30分とボリュームがあります。
また、ヒロイン2人ともに中出しが2回と実用性も高めです。

作画やアニメーションの完成度も高く、原作よりもムチムチ感は大きいですが、原作のイメージ通りの出来だと思います。
下巻は残っているヒロイン優子になると思いますが、シチュエーションは原作から良い意味で変化がみられるので、下巻にもとても期待できます。

サンプル絵で作画に抵抗が無ければ実用性抜群で強くお勧めできるアニメ作品です。

以上「あの団地の妻たちは… The Animation 上巻」の紹介でした。