【OVA催眠性指導#3 宮島桜の場合&OVA催眠性指導#4 宮島椿の場合】ネタバレ感想

今回紹介するのは、ばにぃうぉ~か~によるエロアニメ「OVA催眠性指導#3 宮島桜の場合」と「OVA催眠性指導#4 宮島椿の場合」です。

本作は50on!による催眠寝取りシリーズ「催眠性指導」を原作としたアニメ化作品となります。
2019年に1と2がアニメ化され、2020年12月に待望の続編が制作されました。

 

OVA催眠性指導#3 宮島桜の場合

価格 3870円
購入リンク

エロアニメのクオリティに定評のある「ばにぃうぉ~か~」によるアニメ化という事で原作に忠実な良作アニメです。

ストーリー内容は原作のままなので以前書いた原作の感想記事も合わせてご覧ください。
【催眠性指導3宮島桜と加瀬正文の場合 】ネタバレ感想 剣道部部長に妊娠体験指導

本シリーズは催眠を使える主人公「田中はじめ」が目を付けた女生徒に性指導と称してSEXするという催眠×寝取りものです。


本作のヒロインは剣道部部長「宮島桜」。
同じく剣道部の「加藤正文」と恋人関係ですがまだキスすらしていません。

そんな桜が田中との「妊娠体験指導」を受けてもらう事になります。


こうして彼氏がビデオ撮影している前で初キス、初フェラ、初SEXと初体験を奪われていくというお話です。


手マンと乳首舐めからフェラで1発目を口内射精。


バックから挿入で処女喪失でそのまま膣内射精。


更にSEXを続けて気付けば夕方になり、恋人繋ぎをしながら正常位で膣内射精。

最後は夜になって膣から精子が溢れている桜の姿を撮影し続けている加藤に田中がこれを見てオナニーしろと指示するというオチです。

 

OVA催眠性指導#4 宮島椿の場合

価格 3870円
購入リンク

そして本作は3の完全な続編で「宮島桜」の母親「宮島椿」との母娘丼がメインです。
【催眠性指導4 妊娠体験指導】ネタバレ感想 宮島家で母娘丼種付けSEX→妊娠オチ


前作から桜への性指導は続いており、剣道部員の前で道着姿でバックでSEXしているところから始まります。


オープニング後は宮島家の自宅にお邪魔した田中が桜の母親に目を付け、「娘の性教育は母親の役目」という催眠をかけて娘の前でSEXすることに。


シックスナイン→正常位→対面座位で1発目を膣内射精し、母親の痴態を見せられた桜は発情してオナニーしてしまいます。


続いて騎乗位で椿に腰を振らせて2発目の中出し。

椿が気を失って目覚めると桜が田中との対面座位SEXに夢中になっており、母親が見ている前で中出しされます。

そして田中が「明日も来ますから」と告げて翌日の夕方に母娘丼シーンに切り替わります。


桜とキスをしながら椿に騎乗位で腰を振らせ、桜と椿を横に並べて交互に挿入してSEXを楽しみます。


そして翌朝、椿の夫が障子越しに朝食や学校はどうするんだと問い詰める中、椿は桜にアナルを舐めさせている田中をガッツリホールドしてキスしながらSEXしていました。

妻と娘の嬌声を聞きながら立ち尽くす旦那を放置して田中は桜と椿のハーレムSEXを楽しむというオチです。

 

まとめ

作画のクオリティも含めて本作もかなりの良作エロアニメです。

日常パートは上手い具合にカットされていて良くも悪くも実用性重視の内容となっているため、深く感情移入したい方は原作の方も読んでおくと良いかもしれません。

本作は彼氏持ちヒロインとその母親を催眠で寝取る母娘丼有りの寝取りものとなり、そういったシチュエーションが好きな方には強くお勧めできます。

以上「OVA催眠性指導#3 宮島桜の場合」と「OVA催眠性指導#4 宮島椿の場合」の紹介でした。