催眠性指導3のネタバレ感想 剣道部部長に妊娠体験指導

今回紹介するのは、同人サークル50on!(愛上陸)から販売されている「催眠性指導 3 宮島桜と加瀬正文の場合」です。

コミケで販売されたもののDL版で、催眠性指導シリーズの5作目になります。
(過去作は1、2、2,5、2,75の4作)

本シリーズは催眠術を使える田中はじめが全校生徒に3つの暗示をかけている状態の世界観でストーリーが進行します。

1 田中はじめは、政府から任命された性指導員である
2 カップルは、性交渉を行う前に、性指導員から性指導を受けなくてはいけない
3 性指導員の言うことはすべて正しい

田中の言う事は何でも通るので、細かい理由などはなく、田中が目を付けた女子は全員田中の言う事を聞かなければなりません。

催眠×寝取りがテーマなので、彼氏持ちのヒロインが多く、主人公無双の寝取りものとして気軽に読めるのがポイントです。

そして催眠性指導3では、剣道部部長である宮島桜を性指導するお話。

あらすじとしては、
剣道部部長の宮島桜は同じく剣道部の加藤正文と恋人関係にあります。
ただ、先輩後輩の関係から中々進む事ができず、未だキスすらしていません。

そんな時に自称性指導員である田中が登場。
今回は「妊娠体験指導」という名目で桜に田中の子供を妊娠してもらう事を告げます。

あり得ない提案ですが、催眠にかかっているので2人は快諾。
彼氏である加藤にビデオカメラを持たせて田中と桜はSEXを始めます。

最初は彼氏のではないからと快感を我慢する桜ですが、田中に説得されてながら徐々に乱れています。
そんな桜を見て加藤も興奮してしまいますが、田中による3度もの種付けを見せられて終わりです。

シーンとしてはフェラ、バック中出し、騎乗位中出し、正常位中出しなど。
作画は非常に綺麗でキモメンである主人公が遠慮なく種付けする様は実用性も十分の1作です。

シリーズものですが、世界観さえ知っていれば本作から入っても問題ないでしょう。

催眠、寝取りものが好きな方にお勧めの作品です。

DMMリンクDMMリンク

以上「催眠性指導 3 宮島桜と加瀬正文の場合」の紹介でした。