【元ギャルママが急にできた件。(ひとのふんどし)】Ⅰ&Ⅱのネタバレ感想 ショタ×元ヤン妻のシリーズもの

今回紹介するのは、同人サークルひとのふんどしから販売されている「元ギャルママが急にできた件。」です。

シリーズもので現在は2作目まで販売中。
夏期補習シリーズでも知られている作者による義母寝取られのオリジナル同人誌となっています。

あらすじ

元ギャルママが急にできた件。


ダメ男とおさらばして優しい年上の夫(50)と超年の差婚をした元ギャルの樹里亜(27)がヒロインです。


夫婦生活は円満ですが、夫の精力には物足りなさを感じています。


しかも夫の連れ子ヒロト(12)根暗で何を考えているか分からず、ヒロトとの関係に悩まされていました。


そして夜になるとヒロトは樹里亜の寝室に忍び込んでくるようになり、樹里亜にイタズラするようになります。


最初は服を脱がしたりとかわいいもので樹里亜も寝たふりをして我慢していましたが、日に日に行為はエスカレートし、最後はバックから挿入→中出しまでされてしまうというオチです。

最後まで樹里亜は寝たふりをして気付かないフリをしますが、夫よりも硬いヒロトのモノに感じている描写もあります。

商品購入リンクはこちら

元ギャルママが急にできた件。II

2作目ではヒロトと樹里亜との関係は続いていてヒロトに求められたら性処理に応じるような関係まで進んでいます。


そして今回は模試の成績が良かったヒロトへのご褒美としてギャルの服装でヒロトと動物園へ出かけるという話です。


動物園からの帰り、樹里亜は電車内で中年オヤジに痴漢されます。
ヒロトにバレないように堪えますが、実はヒロトは気付いていてトイレに行きたいと電車を降ります。


そして樹里亜をトイレに連れ込んだヒロトは電車で痴漢されてたよね?と樹里亜の身体を触りはじめ、我慢できなくなったヒロトを治めるためにフェラをする事になります。

樹里亜がヒロトの言う事を聞く理由は「夫にバラされても困るから」というもので、夫が息子よりも自分を選ぶと確信できるようになったらヒロトにお仕置きをするつもりです。

ですが、一発出しても勃起したままのチンポを見て結局、公衆トイレでSEXまでする事になります。
樹里亜は自ら背面騎乗位で腰を振ってヒロトをイカせようとしますが、自分のほうが先にイキそうになってしまいます。

しかし、それより先にヒロトが膣内に射精してしまいます。
中出しに対して怒る樹里亜ですが、イキそうになっていた事もあってまだ勃起しているヒロトに自分から騎乗位でSEXを続けます。


最後はキスしながら同時にイッてしまうというオチです。

ラストはヒロトと手を繋いで帰る描写もあり、樹里亜がヒロトとの関係にハマっているような印象もあります。

商品購入リンクはこちら

 

まとめ

1作目と2作目どちらも本編は25p。
この作者はHシーン以外のシーンも多いからというのもあり、ボリューム自体はやや物足りなさがあります。

それでも絵は素晴らしく、ショタの言いなりになってしまう元ヤン妻というシチュも好きな方はハマるシチュだと思います。

ただ、1作目から2作目で樹里亜とヒロトの関係が一気に進んでいたので、シリーズ化するのであればもう少し掘り下げて描いてほしかったですね。
後は「夏期補習」の件があるので今回は綺麗に終わらせてほしいところです。

ちなみに、寝取られというジャンルにしていますが、2作目に夫はほとんど登場せず寝取られ感は全くありませんでした。

以上「元ギャルママが急にできた件。」の紹介でした。