婚約者は知らない・・・の感想 2人の妻がゲス兄弟に寝取られ孕ませられる

2018年12月2日

WS000227

今回紹介するのは、同人サークルまぐろ珈琲から発売されている「婚約者は知らない・・・ ~愛する人以外の子種を孕む運命となった姉妹達~」です。

先日は同サークルの「浮気を告白する妻達」を紹介したのですが、本作は同サークルの最新作となるCG集ですね。
本日拝見したのですが、こちらは個人的にも同サークルの中でも一番の出来なんじゃないかと思います。

内容としては、主人公には村の風習から婚約者が2人(姉妹)いるのですが、その姉妹が花嫁修業ということで2年間主人公と離れることになってしまうという冒頭から始まります。

WS000228
そこから ヒロインの幸枝と梢視点に変わり、その花嫁修業が実は重婚を認めてもらうために他の村の村長の息子兄弟の子供を産むための「血の交流」と呼ばれるものだという展開です。

WS000232

ヒロインはお淑やかな姉と強気な妹と個性的でビジュアルもツボでした。
間男である兄弟は乱暴な性格とねちっこい性格の2人とこれまた2通りのシチュエーションを楽しめて良かったですね。

基本CGは16枚ですが、最初のシーンの時点で拘束して2人を同時に朝まで犯すというように1枚1枚がほとんど射精シーン有り+媚薬効果のある薬草を使われて初っ端から乱れまくりと実用性抜群の構成となっています。

それとシーンの合間に主人公視点が入れられていて一人寂しく「幸枝の騎乗位は気持ちよかったな」と思い出している時に幸枝が騎乗位で腰を振らされているシーンなどがあり、寝取られ度も結構高めな内容になっていましたね。

WS000229WS000231

ストーリーとしては最初の1人目を孕まされてようやく主人公の元へ帰って結婚するが、それをネタにお互いが姉と妹を庇っているつもりで犯され続けられていたというオチになります。
血の交流の時点で主人公にバレてしまうシーンもあって鬱度も地味に高めなので、重度な寝取られが苦手な方は注意しましょう。

といっても主人公とのHシーンなどはないので兄弟視点で寝取りものとしても楽しめるかと。
とりあえず寝取られ好きの方には断然オススメな1作です。

DMMリンクDMMリンク

以上「婚約者は知らない・・・ ~愛する人以外の子種を孕む運命となった姉妹達~」の紹介でした。