【冬虫夏草6~親友の姉妹を貪る夏~】ネタバレ感想 次回7は姉妹丼?


今回紹介するのは、同人サークル シュート・ザ・ムーンから販売されている「冬虫夏草6~親友の姉妹を貪る夏~」です。

 

あらすじ

前作までのあらすじはこちら
冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~ 弟の友達に寝取られる長女
冬虫夏草2のあらすじ感想 長女真理子が完堕ち 次回は次女編?
冬虫夏草3 タカシに身も心も完堕ちするマリ姉
冬虫夏草4のネタバレ感想 ユイ姉がマリ姉の身代わりに処女喪失SEX
冬虫夏草5のネタバレ感想 タカシとユイ姉のSEX勝負でユイ姉完敗

本作では前作の5で少し登場したユイ姉の事を好きな同級生「川合」が登場します。


冒頭でユイにある男に脅されていると相談を受ける川合君。
ユイにいい所を見せようとタカシの元へ向かう川合ですが、これはタカシが仕組んだ罠でした。


川合はエロ水着で犬になりきるユイを見せられ、タカシとのベロチューを見せつけられます。
普段のユイからは想像できない姿に興奮する川合。


更にタカシから手を触れずに川合がイカなかったらユイを解放すると勝負を持ち掛けられますが、タカシとのベロチュー、フェラ、クンニで小便を漏らすユイの姿に自分のモノをシコってイッてしまいます。
川合は勝負に負けて逃げ出してしまいますが、タカシはそこで焦らして今日はもう終わろうかと言い出します。


軽くイッただけで満足できないユイ姉は自ら尻を向けて挿入を懇願し、激しいSEXで中出しを受け入れます。

途中でマリ姉のシーンが挟まれ、欲求不満になっているマリ姉はタカシから貰ったバイブで自慰行為をしますが、満足できずにタカシの家へと向かいます。

最後は2回戦に突入しようとするタカシがユイの膣内から精子を掻き出している所にマリ姉がやって来てしまうというオチです。

 

まとめ

本編は59pと相変わらずボリュームがあり、強きなヒロインが年下のガキとのSEXに溺れるシチュエーションは実用性も高いです。

ただ、前作の感想記事でも書いたのですが、やはりマンネリ感はぬぐえず、本作にも弟は一切登場しないので寝取られ感はほとんどありません。
むしろ川合のキャラがコメディ要素を強くしている印象です。

ラストではユイとマリが揃った事ですし、次回作辺りで姉妹丼をして完結する事を願います。

商品購入リンクはこちら

以上「冬虫夏草6〜親友の姉妹を貪る夏〜」の紹介でした。