【優艶の花 続 淫縛の館】ネタバレ感想&攻略 イラスト3DCGによるリアルタイム調教ゲーム

価格 2530円
購入リンク FANZAリンク
DLsiteリンク

今回紹介するのは、同人サークルDouble Soft Creamから販売されている「優艶の花 続 淫縛の館」です。

本作は2011年に制作された3D動画「優艶の花」の続編にあたる作品となっています。
実に9年ぶりという事で懐かしさもありますね。

 

あらすじ


前作は前編と後編の2部作で、義弟に自慰行為を目撃された人妻ヒロイン「優華」が義弟から性的な調教を受けるという3D動画作品でした。
ループなどの選択はできるものの選択肢などはない1本道の寝取り、寝取られものです。


そして本作は3Dからリアルタイム3D×イラストレーションの組み合わせで制作された斬新な凌辱調教ゲームとなっています。

初めに言っておくと本作は優華をヒロインにしているというだけでストーリー性はほぼ皆無です。

前作で家を飛び出した優華は体に刻まれた快楽の記憶を消し去ろうと宛も無く彷徨い続けていました。
そんな時に謎の館に迷い込んでしまい、捕らえられた優華は館の主の命令で調教人から性的な調教を受けるという内容です。

 

本編攻略


本作にはマンコ、アナル、クリトリス、乳房、その他の5つの性感帯があり、調教ゲームによってこれらの性感帯レベルを上げていく事で新たな調教やアイテム、スキルが解放されていきます。


特定のレベルまで上がった時に調教を終えるとイベントが発生して本編が進行し、調教によって常に発情状態にも関わらずに脱出しようとする優華が堕ちていく様子が見られます。
このイベントは優華の語りで進行するのですがスキップ不可なので少しテンポが悪いような印象もありますが、イベント自体は全部で30分もありません。


調教レベルを上げるためには性感帯に対応したプレイを行って優華を感じさせる(ピンク状態)にするだけなので非常に簡単です、
レベルが上がると性感帯の最大値が上昇してイキやすくなったりします。

最初は手動ですが性感帯レベルが上がるとローターなど放置上げが可能なアイテムも解放されるので、調教ゲームが面倒という方もご安心ください。


調教シチュは合計6つ+イベント調教1つで合計7です。

攻略の際に少し迷いそうな場所だけ書いておきます。
1.レベルは調教を終えると上がり、一気に上がらないので適度に調教を終えて本編を進行する必要がある
2.最後の調教イベントは5つの性感帯全てでイカせると終了可能
3.調教7つ目の「裏切りの代償」は性感帯レベルを全てMAX+全ての調教を一度でもプレイすると出現(Newアイコンを消す)


全体通して玩具による調教が多く、フェラやパイズリ、SEXもありますが,


基本的には幅広い調教が特徴的なのでハードな調教が好きな方にはお勧めできます。
ですがフェラやSEXシーンはシンプルなものが多く、これらを期待すると物足りなさを感じるかもしれません。

スキルを獲得すると愛液が溢れ続ける、ミルク噴出といった状態になりますが、これは全調教後のスキル変更スイッチが解放されるとON/OFFの切り替えが可能になります。

 

まとめ

調教数自体は6つ+1と少し物足りないですが、リアルタイムでヒロインの反応が変化する調教ゲーム自体は実用性が高く何度でも楽しめる内容だと思います。

ヒロインのビジュアルも3Dからイラストへと変化していて好みに合う方も多いのではないでしょうか。

玩具を使ったややハードな調教が多いのでこの辺りは好みが分かれるかもしれませんが、ミニゲーム有りの調教ゲームが好きな方には自信を持ってお勧めできる作品です。

商品購入リンクはこちら

以上「優艶の花 続 淫縛の館」の紹介でした。