監獄アカデミアのあらすじ感想 監獄戦艦シリーズの番外編

2018年12月2日

今回紹介するのは、Lilithから発売されている『監獄アカデミア』です。

本作は同ブランドでも人気シリーズの『監獄戦艦』シリーズの番外編となる作品となっています。

プレイした事のある方は分かると思いますが、強くて有能なヒロインを催眠洗脳でエロい行為を任務だと思い込ませて変態行為をさせていくという洗脳調教系のストーリーです。
監獄戦艦シリーズ3作品 実用性特化の催眠・快楽堕ちエロゲ
シリーズ3作品はどれも実用性特化+絵がエロい+ストーリーも良く出来ていると個人的にも気に入っているシリーズ作品なので、本作も番外編という事で期待していました。

プレイ後の感想としてはヌキ目的で購入するのであれば問題ない作品だと思います。
世界観とかも無駄に?練られていてストーリーも意外とよくできていましたね。

陵辱ものですが主人公+主人公の部下による陵辱なので、寝取られ的な要素が苦手な方でも問題ないと思います。
原画がカガミ氏ではないのが少し残念でしたが、時折入るアニメーションの出来は素晴らしく、宣伝にもあったように差分による表情変化などが多いのも良かったですね。

ヒロインも序盤に英雄っぷりを見せられてから変態行為を教え込んでいくという展開も好きな方は堪らないのではないでしょうか。
ちなみに一人が処女(黒髪)で金髪の方が結婚していて夫がいます。

WS000089
↑のヒロインが
WS000086
WS000088

こんな感じに乱れます。

値段も安めなので下品なエロやヌキ特化作品を探している方には断然オススメです。
ただしスカトロやアナルなども多いのでそこら辺が苦手な方は注意して下さい。

DMMリンクDMMリンク

以上『監獄アカデミア』の紹介でした。