【とある王妃の閨事~貞淑な妻はいかにして孕んだか~】ネタバレ感想 王妃寝取りADV


今回紹介するのは、同人サークル平安亭から販売されている「とある王妃の閨事~貞淑な妻はいかにして孕んだか~」です。

同サークルは人妻寝取られADVを多く制作しており、本作も人妻である王妃を寝取る寝取りゲーとなっています。

 

あらすじ

本作は亡国の元騎士である主人公のリックが心優しく国民からも慕われていて夫である国王とも仲が良好なグリュー王国王妃「ソフィア・グリュー」を孕ませる任務を与えられるというあらすじです。


主人公自体も良識のある青年で、最初の選択肢で任務を断ると任務内容を伝えに来た初恋相手でもあるターニャと結婚する事になり、他の誰かが王妃を妊娠させた事を後から聞かされるというエンドに直行します。


任務を受け入れた場合はほぼ一本道の王妃ルートへと進み、ヒロインのソフィアを口説き落として孕ませることになります。


シナリオが良くできていて主人公とソフィアのSEXのほとんどがはっきりと拒絶できないソフィアが主人公を受け入れていく形で進行していきます。


ソフィアは夫を愛していますが、次第に主人公に好意を寄せていき、主人公の絶倫SEXによってSEXの快楽にハマっていくという感じです。


主人公側も無理矢理ヤルような事もなく、最初はキスやフェラのみ、SEXも王妃が自ら受け入れるまでは外出しやゴム有りとソフィアが主人公とのSEXにハマっていく変化が丁寧に描かれており、最初は貞淑だったヒロインが吠えるような喘ぎ声を出して下品にイキまくるまでになります。


最後は主人公に孕ませられる事を自ら望んだソフィアが夫にバレないように夫ともSEXをしますが、主人公との孕ませSEXによって主人公のモノになる事を誓います。

結局ソフィアは主人公の子供を妊娠しますが、国王に真実を告げる事はなく、国王の子供として育てる事に、主人公とソフィアの関係は続くというエンディングです。

 

まとめ

基本は1本道の寝取りゲーですが、価格以上のボリュームはあります。

純愛寄りの寝取りモノなので寝取られを期待すると物足りなさを感じるかもしれませんが、貞淑なヒロインがSEXにハマっていく描写はかなりエロく実用性は高いです。

寝取りゲー好きの方はもちろん、貞淑なヒロインがSEXにハマっていくシチュが好きな方にもお勧めできます。

商品購入リンクはこちら

以上「とある王妃の閨事~貞淑な妻はいかにして孕んだか~」の紹介でした。