巡りくる夏の日は…のネタバレ感想 幼馴染と彼女がイケメンに寝取られADV

今回紹介するのは、同人サークルディーゼルマインから販売されている「巡りくる夏の日は…」です。

同サークルは少し前までは寝取られ作品を多く出していましたが、最近ではRPG作品なども手掛けているサークルですね。

本作のイメージは寝取られ好きなら知っている方も多い「君がいた図書室」など少し前のディーゼルマイン作品と似た雰囲気の内容でした。

本作のあらすじは、
主人公の拓海は、幼馴染の美遥に恋心を抱いていましたが、美遥は自分を異性として見ていないと思って諦めていました。

そんな中、最近になって気になり始めていたクラスメイトの朋佳に告白してOKを貰えます。
しかし、真面目な彼女は受験勉強を優先し、肉体的な関係はあまり進展しません。

そんな時に間男であるテニス部OBの俊也が現れます。
以前はテニス部に所属していた朋佳は、受験で引退した今でも下級生の指導を頼まれ様子を見に行っていました。

俊也と出会った事で彼女である朋佳が少しずつ変わっていくが…。という展開です。

本作品はヒロインと主人公の視点を変えられるというシステムがあり、裏でヒロインがどんなことになっていたのかを見ることで寝取られている様を見ることができます。
間男が女子から人気のイケメンであるというのもポイントです。

シチュエーションは彼氏の近くでというものも多く、フェラの練習や電話越しなど寝取られの王道シチュが多めです。

最初は寝取られENDで本編クリア後にハッピーエンドが追加されますが、消化不良感は否めません。

イラストは綺麗ですし、本編では幼馴染と彼女の両方が間男である俊也に寝取られるため、寝取られが好きな方らなら十分実用性も高いと思います。

値段相応のボリュームですが、ヒロインを2人出しているせいでボリューム不足に感じるといった印象でしょうか。
評価を見てみても賛否両論あるようです。

同サークルの寝取られ作品は個人的にも好きなので、今後も寝取られADVを期待しています。

DMMリンクDMMリンク

以上「巡りくる夏の日は…」の紹介でした。