恥辱の制服のネタバレ感想 働くヒロイン5人を盗撮して脅迫SEX→快楽堕ちさせるADV

今回紹介するのは、BISHOPから発売されている「恥辱の制服」です。

 

あらすじ

短期バイトをしながら日々を過ごしていた主人公は、交通事故で入院した友人に代わり、彼のマンションに住みつつ、自営業で営んでいる電気屋で暫くの間、働く事になりました。

給料としては破格です。
そんな中で、初めて修理の仕事を依頼して来たデパートガールの「緒川香純」、友人が入院している病院で働いている看護師「豊森綾」、仕事の関係で赴いた先の空港で元同級生で主人公を虐めていたCAの「光橋芹華」と言う女性達に出会います。

そして同じマンションに住んでいる人妻「徳沢明美」とも出会い、彼女に電気機器の修理の依頼をされ、魔が差して隠しカメラを設置し盗撮する事に成功します。


明美の生活を覗き見る事にかつてない興奮を覚えた主人公は、同じく香純から修理の依頼を受け、彼女の部屋にも隠しカメラを仕掛けました。

仕事を終え帰宅後、早速香純の部屋を覗き見ると、そこには香純がオナニーをしている姿が映し出され、彼女に恋心を抱いていただけに衝撃を受け、頭を冷やそうと外に出ると明美に遭遇します。


明美の肢体が脳裏に蘇り、歯止めが利かなくなり襲ってしまい彼女を犯しました。

理性を取り戻すも、不貞を働いた事を盾に取り口留めに成功します。事後で恐怖を覚えたものの、それよりも興奮と期待が勝った様です。
他の女性達にも盗撮映像を使えば同じ事が出来るのではないかと考え、その機会を窺うべく行動に移るのでした。

主人公の行動は一日4回です。


その時、生活を覗き見たりイベントを起こす事で、征服欲望度が高まります。

イベントを起こすには、必要な征服欲望度が設定されているものもあります。
盗撮をしてどの部分を重点的に見たり、イベントの選択肢でどれを選んでもエンディングへの分岐には影響がありません。

CGの差分に関係はありますが、後で回想で回収出来ます。
ただし、ゲーム進行で中出し系の選択肢を選び続け、最後のFinalイベントの選択肢でエンディングが分岐します。

期限最後の日過ぎるまでに条件を満たしていれば、自動的にハーレムENDです。

密室でのセックス、乳搾り、母乳噴出、羞恥プレイ、鬼畜系、精液を子宮に流し込んでお腹が膨れるボテ腹、野外セックス等、ほぼ無理矢理犯すシチュエーションが多いです。

その後、徐々に快感を受け入れて女が「牝」へと堕ちて行く過程を楽しめます。

 

まとめ

BISHOP作品ならではのヒロインの弱みを握って言いなりにするというシチュエーションがメインです。

ヒロインは全員働く女性なので、それぞれの職業の制服でのHシーンなども多く、そういったシチュが好きな方にもお勧めできます。


また、ヒロインは人妻の明美以外は処女なので気になる方はご安心を。

最終的には快楽堕ちするのでヒロインやシチュエーションが気に入った方であれば買って損はないでしょう。

フルプライスですがヒロイン5人にそれぞれシーン数が20前後+ハーレムHが6つと値段相応のボリュームはあります。

以上「恥辱の制服」の紹介でした。