【GranEndeIII(樋渡本舗)】ネタバレ感想 新米女騎士2人が主人公の快楽堕ち系良作エロRPG

価格 1540円
購入リンク

今回紹介するのは、同人サークル樋渡本舗から販売されている「GranEndeIII」です。

本作は新米女騎士2人を主人公とした同人エロRPGとなっています。

 

あらすじ

念願の騎士となった「アンジェ」は王都暮らしを夢見ていましたが、魔物蔓延る危険な地「境界都市カイツェリン」への赴任を言い渡されます。
こうしてアンジェは同じ新米騎士「シスカ」と共に王都勤務を目指して仕事を頑張るというお話です。

しかし、この街の騎士団は街の人々からの評判が悪く、討伐任務以外の仕事を疎かにしているという現状でした。
副団長が変わってからは更に酷くなっているという話もあり、アンジェとシスカは依頼をこなしていく中で陰謀に巻き込まれていくことになります。

本作は駐屯地の受付で受注できる依頼を達成していく事でストーリーが進行します。

依頼内容は戦闘やおつかいなどRPGの王道といった感じで、戦闘難度もそこそこでRPGパートも楽しめる作品です。

依頼は基本的に昼に進めていく事となり、夜になるとHイベントを進める事ができます。


アンジェとシスカには対応したHイベントがあり、それぞれ名前付きの竿役との段階エロがメインです。

巨乳で生意気な性格のアンジェ、性格も胸も控えめで優しい性格のシスカとタイプの異なる2人によるHイベントが楽しめます。


アンジェの相手はチャラい先輩騎士、凄テクのエロ親父、鉱夫達、金持ちの変態息子(アナルH)、取引の代わりにエロい事を要求してくる商人。


最初は弱みを握られて身体を許すも口では生意気な態度を崩しませんが、Hイベントが進むとアヘ顔でイキまくるまでに快楽堕ちします。


シスカの相手はチャラい先輩騎士、副団長、シスカに憧れる男、ショタ(アナル)、スラム街の住人。


シスカは弱みを握られたり、優しい性格に付け込まれてHな事を要求され、最初は嫌々という感じですがHイベントが進むとこちらも快楽に流されていきます。


また、アンジェは巨乳でのパイズリ、シスカはフェラシチュが多め、Hイベントを進めると街中での売春系Hイベント(立ち絵H)も発生させられるようになります。

Hステータスもしっかりあって処女クリアも可能、Hイベントを進めている場合は初体験の相手も記録されます。

 

まとめ

基本HCG枚数41枚、立ち絵H枚数12枚とHイベントのボリュームも多めです。

本作はRPGパートとストーリーも良く作られており、処女クリアも可能なのでRPG部分だけを楽しむ事もできます。

1つ1つのHイベントは長めで段階エロによるアヘ顔、おほ声でのイキまくり描写もあって実用性も高く、エロRPGとしての完成度が高い作品です。

RPGパートの楽しめるエロRPG、騎士ヒロインの快楽堕ちモノが好みの方には強くお勧めできます。

商品購入リンクはこちら

以上、「GranEndeIII」の紹介でした。