「親にナイショの家出ックス」シリーズ4作のあらすじ感想 ロリ中学生と乱交三昧

2017年7月24日

WS000075

今回紹介するのは同人サークルbrilliant thunderから発売されている『親にナイショの家出ックス』シリーズです。

主にコミマで同人誌として販売されているシリーズで現在4作出ています。
1,親にナイショの家出ックス
2,親にナイショの家出ックス 年越し編
3,親にナイショの海の家出ックス
4,親にナイショの家出ックス 冬休みの遠出編

WS000076WS000077

本作は愛、栞、梓、睦の4人のエッチな事に興味のある中学生が年上の男と親に隠れてセックス三昧の日々を送るという話です。
セックスに興味を持った愛が友人3人を連れて年上の幼馴染である幹也のもとへ行き、幹也の兄の友人徹、男2人の女4人で乱交するという流れですね。

愛は幹也が好きな様子で栞、梓、睦の3人は徹とメインでセックスしていきます。
梓はお兄ちゃん大好きっ子で徹を兄に見立ててセックスしてしまうので少し寝取られ要素もあり
ですが、3作目の海の家では梓の兄も一緒に行き、4作目も合わせて兄とイチャイチャ展開へ移行するので寝取られが苦手な方も大丈夫だと思います。

絵のクオリティは高く、背景なども丁寧に描かれているのがポイントです。
そこまでロリではないけどロリ系の中学生4人がセックスを知って抜け出せなくなる感じが良く、序盤の説明シーン以降はすぐにエッチのみになるので、実用性も高い1作になっています。

ダウンロード販売は1作目だけで、2作目以降もダウンロード販売されるのかは不明です。
C92では別の作品を制作しているようなので続編制作もいまのところは分かりませんね。
商業雑誌でも活躍している方なのでこれからの活躍にも期待です。

DMMリンクDMMリンク
以上『親にナイショの家出ックス』の紹介でした。