月下香の檻の15話や最終回は?単行本も遂に発売

2018年12月2日

今回紹介するのは、山文京伝による漫画作品『月下香の檻』です。

夫が単身赴任、息子が全寮制の学校へ行くことになり、家に妻一人残る事になったことから親戚の嫌な男に妻が寝取られてしまうというストーリーになります。

最初は無理矢理、警察に通報すると言う妻だが、散々イカされている声を録音されたていたことから毎日のようにセックス調教されていくという展開。
山文京伝の最新作ということで、絵のクオリティもアップしており、内容も一人の男に調教される話なので実用性も高いです。

漫画ばんがいちで連載されている作品で、2016年10月31日に発売される「web漫画ばんがいち Vol.002」に12話が掲載予定です。
内容的にも最終回はもうすぐだと思います。

DMMでは単話での配信もされているので、本作のみを購読することも可能ですが、単行本を出るのを待つのも良いかもしれませんね。
何故か単話は4話からの配信となっており、1話は「漫画ばんがいち 2014年05月号」から連載されています。

追記 遂に単行本1巻が発売されました。

DMMリンクDMMリンク

また、最新話の14話が「web 漫画ばんがいち Vol.7」に掲載、5月31日に発売されたvol.9には掲載されいないのでVol.11で掲載される可能性が高いですね。

DMMリンクDMMリンク

以上で『月下香の檻』の紹介を終わります。