オキナグサ 陰咲&初咲のネタバレ感想 幼馴染の彼女が生徒会で寝取られる

今回紹介するのは、同人サークル三崎から販売されている「オキナグサ」です。

本作は現在は2作制作されている寝取られシリーズ作品となっています。

オキナグサ 陰咲 2017年12月発売
オキナグサ 初咲 2019年2月発売

 

あらすじ

翔太は幼馴染の梓と両想いです。
同じ高校を目指して受験勉強をし、共に合格して初めて結ばれ恋人同士となります。

ですが、高校に入学して梓が生徒会に誘われた事から彼女と会う時間が減ってしまいます。


それでも文化祭の準備の合間に電話したり、夏休みには浴衣デートをしたりと順調に交際しているように思っていました。

しかし、裏では生徒会長の後藤と肉体関係を持っていて生徒会長のハーレムメンバーの1人にされていたという話です。

生徒会の副会長の上村と会計の宮下は既に後藤と肉体関係を持っていてそれを覗き見た梓が強引にSEXさせられてそれをネタに肉体関係を続けさせられているのですが、この辺りの話は続編の初咲で描かれています。

陰咲ではラストで彼氏の翔太が放課後に生徒会室で後藤と梓がSEXしているのを覗き見てショックを受けますが、副会長の上村に見つかって逆レイプされて梓と後藤のSEXを見ながら上村に慰められるという快感にハマってしまうというオチです。

2019年に発売された続編の初咲では梓がどうやって寝取られたのか、文化祭の準備や浴衣デートの裏で後藤とのSEXに堕ちていく様子が収録されています。

 

まとめ

幼馴染の彼女が生徒会に入った事で寝取られるという内容です。
間男は生徒会長の後藤のみでヒロインである梓のH時の表情がとても上手に描かれています。

全編通してHシーンも多く、陰咲は36P、初咲は44Pとボリュームもまあまあです。
絵は綺麗で表情もエロいので実用性は高め、寝取られものとしてはかなり良作なので、今から読むのであれば陰咲と初咲の両方を購入する事をお勧めします。

商品購入リンクはこちら