沙雪の里 母が里の男の所有物となってガキ相手に寝取られる

2018年12月2日

今回紹介するのは、山文京伝による漫画作品『沙雪の里』です。

2017y06m14d_035347791

前回紹介した『蒼月の季節』は、若妻が一人の男に寝取られるという内容でしたが、今作は村の女は村の男の共有物という因習のある里に越してきた家族の母親が長い調教の末に里の女になっていく様子を描いたストーリーとなります。

夫もいますが、主人公となるのが息子になるため、母親寝取られのジャンルになるでしょう。
里の女ということで、複数の男と関係を持ちますが、主人公の同級生である小学生の男の子が本格的に自分の女にしようとするため、後半からは小学生の子に堕とされる母親という感じです。
なので、ショタ系が苦手な方は注意が必要かもしれません。

母親は完堕ちしてしまいますが、主人公は同級生のヒロインと里を出るという少なからずグッドエンドの終わりになっているため、過程がしっかり描かれた長編ですが鬱度はそこまで高くないと思います。

描き下ろしでヒロインも寝取られる短編もアナザーストーリーも収録されていますが、ヒロインと寝取り男のシーンが少ないのでおまけ程度と考えた方が良いでしょう。

DMMリンクDMMリンク

以上で『沙雪の里』の紹介を終わります。