【続夏『500円で10分パンツ見せます』と言う援交少女に500万円で契約してみた。】ネタバレ感想

続夏『500円で10分パンツ見せます』と言う援交少女に500万円で契約してみた。
今回紹介するのは、同人サークル リリックボックスから販売されている「続夏『500円で10分パンツ見せます』と言う援交少女に500万円で契約してみた。」です。

本作は「「500円で10分パンツ見せます」と言う援交少女に5万円積んでみた。」の続編となっています。
「500円で10分パンツ見せます」と言う援交少女に5万円積んでみた。援交娘CG集

 

あらすじ


本作は前作のラストシーンからの続きです。
前作のラストはおじさんと援助交際してしまったヒロインが後日500万円入っている封筒を拾い、その封筒の持ち主がおじさんだったというオチでした。

本作では希望の大学に行くためのお金に困っていたヒロインが封筒を拾ったところから始まり、ヒロインは前作の援助交際が5万じゃ足りないと言い出して更にお金を要求しようとしますが、逆におじさんから500万円分の契約を使用と持ち掛けられるという展開です。

大学に行くために500万円の契約(69日と10時間40分)をする事になり、その間はおじさんの望むときにパンツを見せる事になります。
そしてその日数パンツを見せ続ける事は不可能なので、他のHなお願いを聞いていくという事に。

本作は色々なシチュエーションで展開されます。
1.通学電車で痴漢プレイ
尻揉み→ローター→胸揉み→手マン

2.教室でキメセク
体育祭の日に栄養剤(媚薬)を飲ませて体操着姿で中出しSEX

3.催眠でお散歩
催眠で犬になりきっているヒロインが夜道をおじさんと全裸で散歩。
(野外でバックとアナルSEX)

4.バイト先訪問
ローターを付けながら接客→テーブルの下でフェラ→座席で正常位SEX

5.彼女の部屋でセックス
残りの金額分と彼女の部屋にお邪魔してバイブ→種付けプレス→バック

最後はおじさんからお金と合格祈願のお守りを貰って無事に大学に受かったというオチです。

 

まとめ

基本CGは18枚と前作と同程度のボリュームです。
ただ、イラスト担当は同じ方なのですが、前作の方が細かい点まで丁寧に描かれていた印象でした。

後は玩具プレイや催眠などアブノーマルなシチュが多く、個人的には前作のような援交SEXをシチュを変えて繰り返すだけで良かったように思います。

とりあえずヒロインは可愛いですし、何気に良い話にまとまっているので前作が好きだった方は読んで損は無いでしょう。

以上「続夏『500円で10分パンツ見せます』と言う援交少女に500万円で契約してみた。」の紹介でした。