嵌事のあらすじ感想 恋人持ちの強気ヒロインがゲス男に脅迫SEX

2017年10月6日

今回紹介するのは同人サークルかつおぶしから発売されている『嵌事』です。

同サークルは同人誌で活躍しているサークルで、私は銀魂の月詠さんのやつが好きなのですが、本作はオリジナルのものとなっています。

50P程度の少し長めの作品で隠れて教師と付き合っているテニス部主将の強気系ヒロインがどんな女でも堕とせるという男に狙われるというストーリーです。

流れは教師とキスしているところを撮った写真をネタに更衣室で脅迫されてSEX強要→生ハメからの中出しまでされてしまうというのが本編
ラストは彼氏である教師と電話しながら夜まで犯されて終了という感じです。

最後まで無理矢理感が強いですが、身体は感じてしまっている描写もあるので実用性は高い方だと思います。
後はヒロインが筋肉質なのでそこが好みの分かれ目かもしれません。

続編はありそうな気もしますが作者のブログではのんびり活動している雰囲気があるので気長に待つのが良いでしょう。

嵌事

2017y07m05d_192142096 2017y07m05d_192147961 2017y07m05d_192155362

テニス部主将三波美奈はその美貌とは裏腹に男勝りな性格で部員達から恐れられていた。
そんな三波には秘密があった。顧問の先生と交際している事である。
一方ある男がいた。その男は自分と女との性交を撮影させ、撮影会と称して参加者から金を巻き上げていた。どんな女でも堕としてみせるとゆう男。そしてその男の次の標的は・・・

全48Pフルカラー。同人誌版とは最後の1ページのコマ割りが違うだけで他は同じ内容となっていますが、印刷の関係上デジタル版のほうが発色が良くなっています。

DMMリンクDMMリンク
以上『嵌事』の紹介でした。