小夜子の食卓 10年ぶりに再会した幼馴染が祖父に寝取られていた

2017年10月6日

今回紹介するのは、同人サークル床子屋から発売されている『小夜子の食卓 ~再開した幼なじみが、祖父の××になっていた~』です。

50P程の同人誌作品で、番外編も発売されています。
ストーリーとしては、主人公の故郷である田舎で幼馴染のヒロインが祖父に寝取られていたという内容です。
特に恋人関係などではないため、そこまで寝取られ度はありませんが、強気な幼馴染が祖父に言いように犯されるというシチュエーションに良いと思えばオススメ。

何故祖父と肉体関係になったのかの詳細は明らかにならず、母親が関係している程度です。
どちらかというと既に手遅れという感じですね。

番外編は、ヒロインと祖父のシーンが1つとなっており、実用性の高い作品となっています。

サークル床子屋の中の人が鬼頭えんさんとなり、ひぐらしのなく頃にのスピンオフなどの単行本を出しているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

小夜子の食卓 ~再開した幼なじみが、祖父の××になっていた~

2016y12m05d_170922525 2016y12m05d_170938592

幼いころの思い出は 父の田舎で食卓を囲んだ女の子の笑顔

そして 10年ぶりに来た父の田舎は 何ひとつ変わっていなかった

ただ、その時自分は何も知らなかった。

美しく成長した幼なじみは既に祖父の―――。

DMMリンクDMMリンク

小夜子の食卓 番外編〜再会した幼なじみが知らない、祖父との××〜

DMMリンクDMMリンク

以上で『小夜子の食卓』の紹介を終わります。