彼とわたしと店長の深夜勤務1+2のあらすじ感想 フルカラー良作NTRシリーズ

今回紹介するのは、同人サークルサイクロンから販売されている「彼とわたしと店長の深夜勤務」シリーズです。

本作はフルカラーコミック形式のNTR作品となります。

あらすじとしては
主人公のヒロキには円香という恋人がいますが、いつも手マンまでで本番へ進む事ができていない状態でした。
そんなある日、ヒロキのバイト先で人手が足りなくなったために、円香も一緒に働くことに。

ですが、店長に目を付けられた円香は店長に無理矢理犯されてしまう
ゴム有りで数回ヤッた後にラストは生ハメ中出しで終了、、その姿を写真に撮られたことで店長との肉体関係が続く…という形で1作目は終了

2作目はヒロインはゴム有りならSEXを受け入れる考えになってしまっており、それを利用してSEX漬け、店長とのSEXでなければ満足できない体にしてやろうという展開へ
ラスト付近でヒロインはヒロキを本番行為に誘いますが、店長との行為に慣らされたせいでイクことができず、ラストでは精液を飲めなかったヒロインが店長の精液を普通に飲むようになってしまったという姿で終了となります。

ゴム無しとゴム有りのSEXがどちらもあり、間男である店長は写真に収める癖があるのか頻繁にスマホで撮影しながらSEXしていくという点が良かったですね。

全体通して絵が非常に上手で、バイト先の制服も可愛く、着衣プレイが多いのもポイント高めでした。
また、ヒロインの堕ちていく過程も上手に描かれているので、良作NTRシリーズであるのは間違いないでしょう。

1作目は43ページ、2作目は63ページと2作目の方がボリュームのある仕上がりですが、ストーリーの関連性は高いため1作目からの購入を推奨します。
3作目ではいよいよ快楽堕ちするのではと期待しています。

彼とわたしと店長の深夜勤務

WS000098 WS000100 WS000097 WS000099

■ストーリー

円香とヒロキは、付き合いはじめてからだいぶ経つのに、未だに「本番」をしていない仲。
寸前までは行けても、なかなかヒロキは最後の一線を越えられない。
そんな中、ヒロキが勤めているバイト先で人手が足りなくなり、円香が一緒に働く事になる。
職場も、店長も、ヒロキは気に入っていたから、円香にとっても良い環境のはず。
そう思って薦めたバイト先だったが……

ヒロキの誤算は、自分は男で、円香は女だったこと。

ある日の深夜勤務。
店長が、円香を手に入れるための行動を起こした……。

DMMリンクDMMリンク

彼とわたしと店長の深夜勤務2

WS000102 WS000103 WS000104 WS000105

■ストーリー

信頼していたバイト先の店長が豹変したあの夜から
暫く経って……

痴態をスマホで撮られていた円香は店長から脅され、
その後も望まないセックスを強いられていた。

ほんの少し前まで、彼氏のヒロキのために「初めて」を
取っておいた事など嘘のように、セックス漬けの日々。
今までヒロキからは指で愛撫しかしてもらっていなかった
円香にとって、店長が繰り出してくる快感は桁違いだった。

そんな中、彼氏のヒロキは円香の様子に思うところがあり
一つの提案をするが……

DMMリンクDMMリンク

以上「彼とわたしと店長の深夜勤務」の紹介でした。