妻色いんびの感想 人妻SEXメインの短編集 NTR感は薄め

2018年8月21日

今回紹介するのは、竜太による単行本「妻色いんび」です

短編集となっており、収録されている話は
・禁断の果蜜
・母のイキ様
・妻づき
・俺の男女関係がまさに修羅場な件について
・甘やどり
・あとの祭り
・たてまえ
・思いヤリの精神
・ゆるみケア
の9本

義理の父親と若い人妻を描く「禁断の果蜜」、万引きした娘の代わりに体を差し出す「母のイキ様」、1人旅行中の人妻が旅先で出会った男性2人と流されsexしてしまう「妻づき」、リストラされた夫のために大家と関係を持つ「たてまえ」などが寝取られ要素のある作品となります。

他は彼女の母親が前のセフレだったという「俺の男女関係がまさに修羅場な件について」やパート先の人妻上司をセフレにしようとする「甘やどり」など和姦メインのものとなっています。
と言ってもNTR作品の方も夫が浮気していたりと理由があって無理矢理感は薄め

全体的に巨乳が多く、少し垂れた胸やムチムチボディなど熟女好きにおすすめの作品だと思います。

寝取られ云々というよりは、人妻に色々なシチュエーションで手を出す背徳感が詰まっている短編集ですね。

 

DMMリンクDMMリンク

以上「妻色いんび」の紹介でした。