夢見ル乙女のあらすじ 陵辱,催眠,NTRの良作が収録された傑作単行本

2017年10月6日

今回紹介するのは、愛上陸による商業誌作品の単行本『夢見ル乙女』です。

同作者は私が好きな成年コミック作家の5本指に入る方でもあるので、本作品は自信を持ってオススメできます。

単行本に収録されているのは

姉妹陵辱系
・花散ル乙女
・夢見ル乙女
・交ワル乙女
3部作+単行本描き下ろしの「溺レル乙女」
寝取られ、寝取らせ系
・トナリノカノジョ
・ヨゴレタカノジョ
催眠系
・夕顔
寝取られ、浮気系
・なつハメ
以上合計8話

乙女シリーズは前回紹介していますね。
『夢見ル乙女』『花散ル乙女』『交ワル乙女』3部作 姉妹陵辱シリーズ
単行本に収録されている「溺レル乙女」は、学校の娼婦となったヒロイン2人が1人の男相手に援交する話(ヒロイン主導)です。

他の話を簡単に紹介すると
「トナリノカノジョ」と「ヨゴレタカノジョ」は1話目が幼馴染のヒロインと両想いなのに素直になれない結果、ヒロインが騙されてAVに出演させられてしまい、その映像を見てしまうという寝取られ度高めの内容
2話目では前回の話で主人公が寝取らせに目覚めて主人公の友達にヒロインを寝取らせる明るめのノリのオチ

「夕顔」は高飛車な女教師をキモデブの生徒が催眠で本人の知らない間に調教していき、最後に催眠を解いて完堕ちさせる話

「なつハメ」は彼氏持ちのヒロインが大学の旅行先で酔わされて複数人に犯される→正気に戻った後にノリノリで浮気SEXしている映像(本人は覚えていない)を見せられながら更に犯されるといった話で寝取られよりは浮気といった内容

どれも絵が上手い&実用性特化、シチュエーションも良いものばかりなので永久保存版になる1冊で間違いありません。
当ブログでは色々紹介していますが、本作は特に自信を持って勧められる1冊です。

夢見ル乙女

愛上陸 2017y06m16d_233556820 2017y06m16d_233559812

『COMIC X-EROS』の逸足・愛上陸の初単行本!

名門校に通うご令嬢たちが菊門まで開発され尽くす屈従短編集です。妹の未来を守るために姉がその身を犠牲にする「乙女」三部作から隠されたメスの裏側をえぐる暗部作まで、全力で堕としたくなるトロロ陰部作を選出。醒めることのない淫夢にオナされる1冊です。

DMMリンクDMMリンク
以上『夢見ル乙女』の紹介でした。