クローゼット~幼馴染の真実~天野美優 名作NTRの実写版

今回紹介するのは、アダルト動画作品「クローゼット ~幼馴染の真実~ 天野美優」です。

本作は人気NTR同人誌「クローゼット~幼馴染の真実~」の実写版となります。
クローゼット(山雲) 幼馴染がチャラ男にNTR 続編の0も

ヒロイン役は天野美優が演じており、無理のないメイクと元々のスタイルで原作のヒロインによく似ています。

間男役はちょっとやり過ぎている感はありますが、寝取られ作品ということですし個人的には許容範囲内でした。

原作は3部作の幼馴染NTRシリーズ作品で既に完結しており、実写版では1作目の内容を収録しています。

あらすじは、
主人公のたかしが幼馴染のりんかの家に行くとりんかは不在でしたが、おばさんに部屋の中で待つように言われます。

りんかを待つたかしでしたが、りんかは誰かと一緒に帰ってきたため、たかしは思わずクローゼットの中へ隠れてしまいます。

するとりんかは何故かチャラい先輩と一緒に部屋に入り、クローゼットの中でたかしが見ている中で濃厚なSEXを始めるというものです。

本作にはオリジナルENDと原作ENDが収録されているとありましたが、実際には原作のその後を少し描いたというものになります。

原作ではクローゼットの中でたかしがりんかと先輩のSEXを覗き見。
その後、2人で風呂場へに行った隙に部屋から出て階段を下りると風呂場からりんかの喘ぎ声が聞こえて「サルかよ」と捨て台詞を残して帰り、風呂場から戻ったりんかがたかしが持ってきたノートをクローゼットの中で見つけるという終わりでした。

そして本作では風呂場から部屋に戻ったりんかが膣内から溢れ出る精液を感じてオナニーを始め、そこに戻ってきた先輩がりんかと再度SEXに突入してラストにまた中出しをして終了というオチになります。

本編終了後に原作ルートとして本編の風呂場からの喘ぎ声を聞いたタイミングでたかしが帰って終わりというだけなので、本当にオマケ程度という印象です。

原作漫画の実写としてはよく出来ている作品ですので、天野美優さんが好きな方、寝取られが好きな方にはおすすめできます。

また、激しいSEXが多く、体位もバック、寝バック、正常位、側位、騎乗位、背面騎乗位、風呂場では立ちバックなど多いので激しめのSEXが好きな方にもおすすめです。

DMMリンクDMMリンク

以上「クローゼット ~幼馴染の真実~ 天野美優」の紹介でした。