沙雪の里 母が里の男の所有物となってガキ相手に寝取られる

2017/10/06

今回紹介するのは、山文京伝による漫画作品『沙雪の里』です。

前回紹介した『蒼月の季節』は、若妻が一人の男に寝取られるという内容でしたが、今作は村の女は村の男の共有物という因習のある里に越してきた家族の母親が長い調教の末に里の女になっていく様子を描いたストーリーとなります。

夫もいますが、主人公となるのが息子になるため、母親寝取られのジャンルになるでしょう。
里の女ということで、複数の男と関係を持ちますが、主人公の同級生である小学生の男の子が本格的に自分の女にしようとするため、後半からは小学生の子に堕とされる母親という感じです。
なので、ショタ系が苦手な方は注意が必要かもしれません。

母親は完堕ちしてしまいますが、主人公は同級生のヒロインと里を出るという少なからずグッドエンドの終わりになっているため、過程がしっかり描かれた長編ですが鬱度はそこまで高くないと思います。

描き下ろしでヒロインも寝取られる短編もアナザーストーリーも収録されていますが、ヒロインと寝取り男のシーンが少ないのでおまけ程度と考えた方が良いでしょう。

沙雪の里

2017y06m14d_035347791

【そして…母は・女は「メス」になる。】≪旦那と息子のいる前で…牝になるのは興奮するじゃろう ここまで出来りゃあおまえさんも もうりっぱな村の牝嫁じゃ≫雪子は夫の姉の誘いもあり、夫と息子と一緒にある村落へ移住をしてきた。ところが実はその村では、子供を産める女が少なく、村の女は皆の共有物であるという因習があり…――閉ざされた世界の中で男たちのモノになり、まず肉体を…次に心を蕩けさせて行く女たちと、その家族の物語。

DMMリンクDMMリンク

以上で『沙雪の里』の紹介を終わります。

-寝取られCG・漫画
-,